自分で治療出来る知覚過敏

自分で治療出来る知覚過敏

知覚過敏は歯科へ受診する前に自分で治療出来る。

自分で治療出来る知覚過敏
知覚過敏とは虫歯になっていないのに、歯磨きをした時や冷たい食べ物や酸味のある食べ物を食べるとキーンとしみて痛みが生じる事を知覚過敏と言うそうです。
正式な名前は象牙質知覚過敏と言うようです。
治療には歯科に掛かるのが一番早いかもしれませんが、歯科にかかる前に自分で対処する事も可能なようです。
そもそも知覚過敏とは歯の表面のエナメル質が削れてしまい、象牙質が露出してしまう事で起こります。その原因は沢山ありますが、まず考えられるのが間違った歯磨きの仕方にあるようです。
歯磨き粉には歯を綺麗にする為の研磨剤が配合されています。普通に使用している程度では大丈夫ですが、大量に長期間使用してしまうとエナメル質を傷付けてしまう可能性があります。そして歯ぎしりなどがある人も知覚過敏になりやすいようです。
さらにホワイトニングの治療をしている人も知覚過敏になりやすいそうですが、ホワイトニングをやめれば痛みはなくなるそうです。
さらに加齢によって起こってしまう場合もあるそうです。

知覚過敏になってしまったら、歯科にかかるのが一番ですが、他の内科的な病気と違って、まずは自分で対処する方法もあります。一番は歯磨きの仕方を見直す事だそうです。
柔らかいブラシで正しいブラッシングをする事が第一ですが、その時に使用するのは普段の歯磨き粉ではなく、知覚過敏専用の歯磨き粉が市販されているので、その様な物を使って歯磨きをするのがいいそうです。
それでも症状が改善されないようであれば歯科を受診し、専門的な治療を受けた方がいいようです。
病院ではフッ素を塗ってもらったり、レーザー治療を行うのが専門的な治療になるようです。

しかし痛い思いをしない為に、普段から自分で予防をしておくのが大切です。
一番の方法としては正しい歯磨き方法を身に付ける事と、歯磨き粉は出来るだけ研磨剤未使用の物を選び、配合の物を使用する場合は歯磨き粉を付け過ぎないと言う事を気を付けなければなりません。あとは定期的に歯科検診などを受けておくと安心かもしれません。

■注目の情報

Copyright (C)2014自分で治療出来る知覚過敏.All rights reserved.